まっすぐまっすぐそのままにー。横浜市緑区のバイオリン教室−AobaViolinClass−

大切にしていること。

  • HOME »
  • 大切にしていること。

せっかくレッスンに来ているのに、弾こうとしない、
直前までなんともなかったのに、急にママに甘えて抱っこ抱っこ〜・・
なんだかんだ理由をつけてレッスン室を脱出!
(「暑いからシャツ脱ぎたい」とかやたらに「トイレ」とか笑)

最初は『先生が待ってるよ〜』、
『〇〇ちゃん、頑張ろう〜』

な〜んて穏やかに声をかけるも・・・

だんだん語気が荒れてきます。

心の声
➡︎え?なんで今?さっきまでやる気だったじゃん!!

も〜!!!今日何しに来たんだよ〜・・・

・・っていうのはレッスン始めた頃の長女(当時3さい)と私!!!笑

いや〜・・今思えば、酷なことを言っていた。
(いや、心の声だから漏れていないはず笑!!)

求めていた・・というか。

【花まる学習会】で有名な高濱先生の言葉を借りれば、

カンガルーに『なんで飛ぶのよ〜』って言ってたようなもの。

そりゃ飛ぶわ、カンガルーだもの。

このカンガルーのくだり、詳しくはこちらの著書です⇩肩の力がフッと抜ける1冊です。

伸び続ける子どもが育つお母さんの習慣/高濱正伸

私の教室でも、一番小さい生徒さんは3歳。

それぞれ元気にバイオリンを弾ける日もあれば、
そうでない日も、もちろんあります。

ぴょんぴょん元気に動き回って、バイオリンどころでない日も。

でも、飛ぶの!カンガルーだから。

それが前提。笑

全然OK〜!!

楽器を粗雑に扱ったり、危険なことは止めますが、

弾くことは強要しません。

やみくもにかけ続けても、貝殻と一緒で閉じていくだけなので、

様子を見ながら、声をかけます。

おうちの人でも、
幼稚園の先生でもない大人と、

やり取りをしながらレッスンを受ける・・って・・

小さなハードルがいくつもいくつもあって、
楽器を弾くという以前に、
ちっちゃなハートでたくさん頑張っているんだぁというのが3児の母になっての気づきです。笑

レッスンとしては多少スローペースにはなりますが、
それぞれの子が

”感じていること”を大切にしながら進んでいきます。

そしてー。

みんなでアンサンブルをして”音”を重ねたり、
演奏すること以外の面からもバイオリンを勉強する機会をつくっています。 

聴いた音で作られる聴覚。
ふれたきたもので育まれる感性。

時に現役の演奏家の方にもお手伝いいただきながら、
”音色”、”息遣い”を身近に感じる機会を設けています。


年齢や性別を問わず、“一緒に楽しむ”ことができることは、音楽の大きな魅力のひとつです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 045-883-3019 受付時間 15:00 - 18:00 [日・祝除く]
*レッスン中は出られないことがあります。

2019 8/25 Aoba Violin Class弾き合い会(青葉公会堂リハーサル室)

イベントの案内
レッスンのお申し込み
PAGETOP